Deprecated: 関数 print_emoji_styles は、バージョン 6.4.0 から非推奨になりました ! 代わりに wp_enqueue_emoji_styles を使用してください。 in /home/xs180473/behappy-studio.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 6031

理想と現実

blog

午前10時。

勢いよくタイピングをする、

背中を見る(背中の方向に壁掛け時計がある)

僕は確実にテキストを読み進める。

11時45分。

時計など気にせず、

自分がやりたいところまでやり切る、

背中を見る。

僕は午後に回そうと、

淡々と切り上げる。

午後1時。

のそのそと体を引きずって机に向かう、

背中を見る。

僕は深く呼吸をして、

午前中の内容を確認する。

2時30分。

黙々と自分の世界へ邁進する、

背中を見る。

僕は残り時間を確認して、

ペース配分通りに、

終わりへ向かう。

午前11時。

机の荷物に体を合わせて、

キーボードを叩き眉根を寄せる、

誰かの顔を見る。

僕は小休憩を挟み休憩席から、

パソコンに食いつく、

彼を見てほっとする。

12時30分。

時計を見上げ昼食をとり、

無心にかぶりつく、

誰かの顔を見る。

和気あいあいと馬鹿話をして、

居場所を感じ、意識する僕の寂しさ。

午後2時。

参考資料を眺めて息抜きをし、

静かに笑う、

誰かの顔を見る。

僕はコーヒー片手にソファーでくつろぎ、

流れる音楽と懐かしい路地裏の日常に、

体を溶け込ませる。

もう長くない事業所での時間。

僕はやはり大きく、

成功する人ではないのかもしれない。

自分の目指すものに貪欲な彼を応援することが、

ささやかな幸せになっていた。

そんな自分を見つめていると思った。

1人では得られないもの。

本当に求めていたもの。

それは良き理解者であり、

競い合うことから生まれた信頼関係だった。

ひとつの答えに縛られた、

競争から生まれる劣等感への怖れ。

時間が経っても諦めることでしか、

受け止められないだろう僕のシナリオを、

ここでの出会いは変えてくれた。